豆乳と聞くとどの様なイメージがあるでしょうか?

豆乳は今や、スーパーやコンビニでも気軽に購入できる健康効果の高い飲料として知られていますよね。

  • 低カロリーでヘルシー
  • ダイエットに効果的
  • 牛乳よりもさっぱりしていてお腹が痛くならない
  • 便秘が解消される
  • 女性ホルモンに似た働きをする
  • 美肌効果がある

このように、豆乳は健康のほかにも、実に沢山の働きを期待できることがわかります。

その中でも特に注目するポイントとして、女性ホルモンと類似した作用の「イソフラボン」が含まれていることです。

soybean

原料は大豆で、その絞り汁が豆乳になりますが、特に大豆製品の中でも大豆イソフラボンをたっぷりと体に取り入れたい方には、豆乳がぴったりの飲み物なのです。

大豆イソフラボンの驚くべき効果は、女性に嬉しいものばかりですが、中でもバストアップ効果に着目し、豆乳の種類や飲み方等と合わせてご紹介していきます。

豆乳に含まれる成分が、バストにどの様に作用するのか?

heart

豆乳に含まれる成分には、タンパク質、脂質、炭水化物等が含まれています。

その中でも、タンパク質は大変豊富に含まれていて、低カロリーで高タンパク食材と、ダイエットにも最適です。また、その他、不足しがちな、ビタミン類・ミネラル類・カルシウムが豊富に含まれています。

特に女性に嬉しい栄養素として、女性ホルモンとそっくりな働きをする大豆イソフラボンや、造血作用のある葉酸も豆乳にたっぷりと入っています。

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」を摂る事で、女性ホルモンの調整や、エストロゲンをサポートし、、乳腺の発達を補助するため、バストに脂肪をつけやすいからだの状態に近づいていきます。

バストアップには、マッサージや胸周辺の筋肉トレーニングも大切ですが、豆乳を飲むことで、体の内側からのケアも同時に行えます。

豆乳はいつ飲むとバストアップに良いの?効果的な時間とは

hourglass

豆乳は飲む時間によって、バストアップの効果を更に上げられるといわれています。

例えば、朝食の時にコーヒーや紅茶の代わりに豆乳を取り入れると、朝一番に胃腸から大豆イソフラボンの栄養素をぐんぐん吸収する事ができます。

豆乳は温めて飲んでも効果は変わりませんので、腸の働きを良くする為に温めた豆乳を朝食メニューに取り入れると、便秘を解消しながらバストアップの効果を期待できるのです。

また、飲むタイミングとして、一番オススメなのが就寝前です。睡眠中は「ホルモンのゴールデンタイム」も呼ばれ、バストアップに欠かせない成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯です。

このように、眠る前に豆乳を飲むと、成長ホルモンの作用により、体内に吸収されやすく、体(バスト)が育ちやすい状態になるため、最適のタイミングといえるでしょう。

豆乳にはどんな種類がある?豆乳の種類によってバストアップの効果は違う?

soybean

豆乳は、今や豆乳飲料として色々な種類のものが製造されています。

ひと昔前まで豆乳と言えば、成分無調整で独特な匂いや味等、飲みにくいイメージが強く、苦手意識を持たれる事もありましたが、最近では味も飲み易い調整豆乳が人気となっています。

また、調整豆乳でも飲みにくいと言う方の為に、更に豆乳の風味を消したコーヒー味やバナナ味といったフレーバー豆乳も人気となっています。

 

豆乳選びで気になるのが、調整と無調整では、胸を大きくするという目的にどのような違いがでるかということです。

しかし、調整豆乳は糖分や植物油が含まれていますので、かなり飲み易く加工されていますが、栄養素はそのまま取り入れる事ができますので、バストアップの効果も無調整のものとは殆ど違いはありません。

1つだけ注意点として、糖分や植物油が含まれていると、カロリーは無調整よりも高くなりますので、美味しいあまり飲み過ぎてしまわない様に気を付けるということでしょう。

大豆アレルギーでも飲める豆乳ってあるの?加工によってアレルギーが出ない場合もある?

question

バストアップに効果のある豆乳を飲んでみたいけど、大豆アレルギーがある場合にはどうしたら良いのでしょうか?

大豆アレルギーでも軽度のものでしたら、喉がイガイガする、喉が痒くなると言った症状が出るといわれていますが、酷い場合には呼吸困難に陥ったり、全身が蕁麻疹に覆われる場合もあるようです。

調べてみた所、現在は大豆アレルギーの方でも飲める豆乳は無い様です。

 

しかし、大豆アレルギーの方であっても、大豆の加工の仕方によってはアレルギーが全く出ないという場合もあるといわれています。

例えば、豆乳はダメでも、大豆イソフラボンを配合したサプリメントや、納豆、豆腐、味噌と言った加工品なら大丈夫という場合もあるようです。どうしても摂取したい場合は、ドクターに相談しながら少しずつ取り入れてみましょう。

豆乳が飽きてしまった時には、アレンジしてみよう

soybean

豆乳ばかり飲んでいると、同じ味ばかりで飽きてしまうこともありますが、他の食材と組合わせると、また一味違ってその美味しさにハマってしまいます。

簡単にできるメニューとしは、スムージーが断然オススメです。スムージーとは皮や根っこのついた緑黄色野菜に、果物、お水、氷等を加えてミキサーにかけた飲み物になります。

最近では、芸能人やモデルさんの間でも、美容と健康に良い飲み物として、緑の野菜を中心に作られたグリーンスムージーが大流行しました。そこに、豆乳を加えると、美容健康に加えて、更にバストアップに効果的なスペシャルドリンクが出来上がります。

また、豆乳は牛乳と同じようなレシピで使えますので、その調理方法もさまざまです。

  • 豆乳を入れたクッキーやケーキ
  • お好みの果物と一緒に、ジューサーでフルーツジュースとして
  • フルーツグラノーラなどのシリアルと一緒に
  • 豆乳ベースの鍋物
  • 豆乳しゃぶしゃぶ

また、ブイヨンと合わせて塩胡椒で味を整えれば、豆乳スープとしても美味しく頂けます。

豆乳を日常的に食事メニューに取り入れておくと、バストアップの効果は更に高まりますので、積極的に取り入れてみて下さい。

豆乳を飲んで、実際にバストアップした人の感想やバストアップ後のケアは?

heart

豆乳を飲んで、実際にバストアップした人の感想ですが、豆乳を飲み始めてから3ヶ月目位からブラジャーが窮屈に感じるようになった。

胸が前よりふっくらとツヤが良くなった、生理不順だったが安定するようになった。

バストアップの体操や筋トレの時期をピンポイントで絞るようになってから、ブラジャーのサイズが1カップも上がったなど、豆乳を飲む時期や期間によって効果の感じ方が人それぞれ違うようです。

また、ほとんどの方がバストアップに成功したと感じた後でも、大きくなったバストをキープするために、バストを育てるブラジャーや、大豆イソフラボンを含んだサプリメントを飲み続けています。

ダイエット中の方の場合、ダイエット後のスタイルと、豊かなバストをキープするためには、低カロリー高タンパクな大豆を原料としている豆乳が効果的との感想も多くありますので、手軽にバストアップにチャレンジしたい方は、豆乳を試してみましょう。


ナイトブラの1番人気はどれ?

>>ナイトブラおすすめランキングへ